2019年04月 - 練馬区の中学受験ブログ

学習塾・個別指導 アップスクール
2019年04月12日 [Default]
苦手教科は、客観的に見たら、宝の山です。

苦手ということは、おそらく基本レベルとか標準レベルのところでいくつもつまずいているはずです。
そういうレベルの単元は、本来はそんなに難しくないわけで、比較的短い時間での、大幅な成績アップを狙えます。

ただ、客観的には狙い目でも、本人は苦手意志を持っています。苦手意識を取り払わなければなりません。
それは、簡単なときもありますし、手こずることもあります。

単純に、嫌いだから自ずと勉強時間が短い、というような単純な原因なら、対策はやりやすいです。

しかし、生徒によっては、型通りの問題は解けるようになっても、ちょっとひねって出題すると、対応できないことがあります。
そういうときは、往々にして、克服に時間がかかります。
問題を○○問解けば、問題集を△△冊こなせば克服できる、という単純なものではありません。

やる気のある高校受験生くらいなら、本人が苦手な理由を追求して、自ら工夫して克服することが可能です。
しかし、中学受験生は幼いので、自分の力で克服できる生徒はマレです。たとえ成績優秀な生徒であっても。

集団指導塾では、そういうところまで面倒を見てくれません。
相談すれば、いくつかの対応策を教えてくれますが、実行するのは各ご家庭になります。

ご家庭で取り組んでも、効果が見られないようなら、個別指導塾とか家庭教師という手段があります。

個別指導塾とか家庭教師に依頼するときは、くれぐれも、中学受験指導の経験があるところを選んでください。

一般の大人が「こうすれば克服できるはず」と思うやり方は、中学受験生=小学生には意外と通用しません。
一般の大人が思いつくやりかたは、ご自身の高校受験や大学受験での成功体験が元になっていることが多いです。
そういうやり方は、精神的に幼い小学生では消化できないことが多いようです。

中学受験生に対する指導経験がモノを言います。

2019年04月08日 [Default]
学力をつけるためには、勉強時間をかけられることが前提条件になります。

机に向かっていても、集中できていなければ、効果は低いかもしれません。
でも、逆に言えば、ある程度の時間、机に向かうこともできなければ、お話になりません。

中学受験生の中でも、中堅レベル校を志望する生徒の場合、まず机に向かう習慣を確立することから始めたいです。

方法はいろいろあるでしょうし、一人一人合う方法は異なるかもしれません。

しかし、一番手っ取り早いのは、机に向かわざるを得ない環境を作ってしまうことです。
塾の利用価値は、そういうところにもあります。

強制力の強さでは、アップスクールのような個別指導中心に塾より、集団指導形式の塾の方が、優っているはずです。
少なくとも、まともに勉強に取り組んでいる塾なら。
まわりを、黙々と勉強に励む同年代に囲まれたら、勉強に向き合わざるを得ないでしょう。

ただし、集団指導塾のそうした環境は、子どもにとって劇薬にもなります。
かえって、気後れを感じたり、疎外感を感じる危険があります。

そういう生徒には、個別指導塾の方が向いているかもしれません。
同年代からのプレッシャーは和らぎますし、生徒本人の成長のペースに合わせることもできます。

個別指導塾を選ぶ理由はいろいろあるでしょうが、こんな理由でアップスクールにくる方は少なくありません。

2019年04月05日 [Default]
集団指導型の進学塾に通う6年生には、いろいろと考えていただきたい大切な時期の一つです。

というのは、志望校の難易度によって、受験対策が枝分かれする時期だからです。
厳密に言うと、5年生の終盤あたりから、分かれ道に入っています。

集団指導塾だと、ワンランク上の難しい勉強に進みます。
生徒の学力に合わせた授業をやっていても、ついていくのは難しいです。
やっている内容のすべてが応用ですから。

中堅レベル校を志望する6年生の場合、これから夏休みにかけての間に、問題の難しさに当惑して、自信を無くしたり、受験への意欲を鈍らせる例が多いです。

というか、そうなってから、秋頃にアップスクールに問い合わせされる方が、少なくありません。
「もっと早くお声かけ下されば…」と感じるのは、しょっちゅうです。

これから夏休みまでの間に、志望校合格に役に立たない難問に消耗するより、合格につながる基礎の反復学習に集中した方が、よほど建設的です。

心当たりのある方、お気軽にお問い合わせください。

このページの先頭に戻る