2019年04月12日 - 練馬区の中学受験ブログ

学習塾・個別指導 アップスクール
2019年04月12日 [Default]
苦手教科は、客観的に見たら、宝の山です。

苦手ということは、おそらく基本レベルとか標準レベルのところでいくつもつまずいているはずです。
そういうレベルの単元は、本来はそんなに難しくないわけで、比較的短い時間での、大幅な成績アップを狙えます。

ただ、客観的には狙い目でも、本人は苦手意志を持っています。苦手意識を取り払わなければなりません。
それは、簡単なときもありますし、手こずることもあります。

単純に、嫌いだから自ずと勉強時間が短い、というような単純な原因なら、対策はやりやすいです。

しかし、生徒によっては、型通りの問題は解けるようになっても、ちょっとひねって出題すると、対応できないことがあります。
そういうときは、往々にして、克服に時間がかかります。
問題を○○問解けば、問題集を△△冊こなせば克服できる、という単純なものではありません。

やる気のある高校受験生くらいなら、本人が苦手な理由を追求して、自ら工夫して克服することが可能です。
しかし、中学受験生は幼いので、自分の力で克服できる生徒はマレです。たとえ成績優秀な生徒であっても。

集団指導塾では、そういうところまで面倒を見てくれません。
相談すれば、いくつかの対応策を教えてくれますが、実行するのは各ご家庭になります。

ご家庭で取り組んでも、効果が見られないようなら、個別指導塾とか家庭教師という手段があります。

個別指導塾とか家庭教師に依頼するときは、くれぐれも、中学受験指導の経験があるところを選んでください。

一般の大人が「こうすれば克服できるはず」と思うやり方は、中学受験生=小学生には意外と通用しません。
一般の大人が思いつくやりかたは、ご自身の高校受験や大学受験での成功体験が元になっていることが多いです。
そういうやり方は、精神的に幼い小学生では消化できないことが多いようです。

中学受験生に対する指導経験がモノを言います。

このページの先頭に戻る