Default - 練馬区の中学受験ブログ

学習塾・個別指導 アップスクール
2018年12月24日 [Default]
いよいよ冬休みに入りました。高校受験本番までの追い込みです。

塾の生徒たちには日々伝えていることですが、ぜひ意識して欲しいことをまとめました。
参考にしてください。


1、生活習慣を守る

冬休みは、夏休みと違ってあっという間です。
生活のリズムを狂わせてしまうと、立て直しきれないうちに、終わってしまいます。

特に1月から受験が始まる人は、本番の試験時刻に頭が冴えるように、早寝早起きを心がけてほしいです。


2、夏以降の模擬試験での間違いを克服

冬休みは期間が短いので、できるだけムダな勉強をしたくありません。

試験に出そうな問題のうち、過去に間違えたものを復習するのは、効率的です。
たとえば、過去に受けた模擬試験の解き直しとか。

できれば、そうしたことは冬休み前に終えたいのですが、まだ終わってなければ、すぐに取りかかりましょう。


3、入試問題を解き、苦手対策

受験校の過去問をまだ解いていなければ、これも着手しましょう。

この時期に過去問を解くのは、もしかしたら怖いかもしれません。練習と分かっていてもプレッシャーがかかります。

思うように得点できなくても、それならそれで、ラストスパートに弾みがつきます。

私立高校は、学校によって傾向があります。数年分を解けば、自然と分かります。

試験当日にあわてないように、傾向に慣れておきましょう。


4、合格のために必要なことだけをやる

入試問題の中には、ほとんどの人が解ける問題、逆に大多数が間違う問題、そして合否を分ける問題があります。

大多数が間違う問題を気にする人が多いですが、これに時間と労力をかけすぎるのはもったいないです。

得点したい問題を確実に正解できる力を身につけましょう。

ただし、具体的にどんな勉強をすればよいのか、判断に悩むかもしれません。

これは、それそれの人の学力や、受験する学校の出題傾向などによって異なるので、一概には言えません。

お悩みでしたら、今からでも塾などの受験のプロに相談してください。

2018年04月27日 [Default]
西台教室では、新しい教室担当が3月から着任しました。
成績アップと志望校合格を、これまで以上に強力に支えられるように、授業の進め方を見直しました。

西台教室は、生徒のみなさんにとって楽しい塾にしたいです。
そして、その楽しさには、雰囲気とか環境だけでなく、成績が上がる楽しさも含まれています。

塾で授業を受けて、無理なく宿題をこなすうちに、自ずから学力と成績がアップする仕組み。そんな仕組みづくりを目指しています。

ただルールを決めてそれに従ってもらうのではなく、成績アップの仕組みを生徒一人ひとりに最適化させます。
だからこその個別指導です。そこが腕の見せ所です。

楽しみなゴールデンウィークが近づいてきました。その後には中間テストが待ち構えています。
今年度最初の定期テストに向けて、はりきっています。

近隣にお住まいで、中間テストに不安を感じていらしゃるみなさま。
中間テスト対策を兼ねて、学習相談や体験授業など、お気軽にお申し付けください。
教室長

2017年05月01日 [Default]
ゴールデンウィークも、ほぼ平常通り教室を開けています。
毎年・・・というわけではありませんが、教室の状況を見て、柔軟に対応しています。

さすがに、授業の時間割はいつもと違っています。塾が平常運転でも、生徒さんのご家庭のゴールデンウィークの過ごし方は、いろいろですから。
いつもと同じ時間割で授業を受ける生徒もいれば、連休を利用して追加授業で弱点克服する生徒もいます。

世間がお休みのときは、勉強の課題を克服するチャンスです。できるだけ、与えられ時間を有効活用してほしいです。
また、学校にも塾にも行かないとなったら、いけないと思いつつ、勉強をお休みしてしまのはありがちです。休むことも必要ですが、春休みからの流れを切らないように気をつけています。

中学校によっては、ゴールデンウィーク明けすぐに中間テストがあります。
塾では、学校の予習という形で授業を進めてきました。ここまでは、良い流れできています。ここからの追い込みが大切です。
家で勉強できない人は、授業が無くても、アップスクールに来て、自習してください。

このページの先頭に戻る